手帳・文具

本革派にこそおすすめ!│GRAMASマイクロ5お迎えレビュー

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

マルデンとお別れし、新たなマイクロ5を探していたわたしですが、先日ついに「これだ!」という手帳を見つけました。

今回は新しいマイクロ5のサイズ感や特徴、使い心地などをレビューしてゆきたいと思います◎

マイクロ5手帳会議│理想の手帳を考えよう!新しい年度が始まって一週間。出会いと別れの春、みなさまいかがお過ごしでしょうか? サブ手帳探しの旅が再び始まりそうなので、...

GRAMAS マイクロ5手帳

今回購入したのは、GRAMASという手帳。わたしはマイクロ5をチョイスしましたが、売り場にはミニ6サイズの展開もありました。

販売しているのは坂本ラヂオというブランド。主にiPhoneのケースなどを製造している革小物のブランドです。

瑛
iPhoneといえば、一日に手に取る回数がいちばん多いアイテム(かもしれない)!

そう、デザインや使い勝手はもちろんのことながら、この手帳のポイントは美しい発色と手に持ったときの質感なのです!

スマホケースのノウハウが活きるシステム手帳

ちらりとご紹介した通り、GRAMASの販売会社である坂本ラヂオさんは革小物のブランド。特にスマホケースの製造に力を入れていて、そのノウハウは手帳にもがっつり活かされているみたいです。

瑛
ブランドのことは買ったあとに知ったのだけど、たしかに納得の質感……!

LOFTの手帳売り場で迷っていたとき、ふと手に取ったGRAMASを「これだ!」と思った最初の理由が「手に持ったときの質感」「色」だったのです。

革と違って「経年変化がない」というのは、色物をチョイスしたいときには強みになるんです。 淡いカラーは経年変化というより汚れに見えてしまうのが悩みだったのです……!

じつはこのGRAMAS、本革ではなくPUレザー製

PUレザー

「ポリウレタン(Polyurethane)レザー」のこと。

ポリウレタン樹脂や塩化ビニル樹脂を塗布して皮革らしい風合いを出した人工素材で、合皮の中では通気性に優れている高級品

同じ合皮の中にはPVCレザーというものもあり、こちらはPolyvinyl Chloride(ポリ塩化ビニル)を塗布したもの。PUレザーより質は劣るものの、安く手に入れられるメリットがあります

今まで本革の手帳ばかり使ってきた(というか本革以外ありえないとさえ思っていた)わたしでしたが、気づけばまったく抵抗なく「これにしよう!」と決めていました。

革の香りや特有の柔らかさはないけれど、不思議なくらい違和感なく持つことができます。

選べる2種類の質感

GRAMASの表面質感は2021年4月現在2種類あります。

  1. シュリンク調シボに似た凹凸がある
    マット
    しっとり感が特徴
  2. サフィアーノレザー調

    クロス状の凹凸がある
    ・シュリンク調よりも光沢感がある
    艶を感じるさらさら感が特徴
瑛
今回わたしが購入したのはシュリンク調
サイズ感のお伝えと同時に質感もお届け◎ 細かな凹凸があるのがお判りでしょうか?☺

持った感じはしっとりとさらさらの中間くらい。

表面はマットな質感ですが、カーブ部分や光が当たった場所はほのかに艶を感じる絶妙な具合です◎

瑛
マルデンの艶がちょっと苦手……という人や、革手帳の風合いは好きだけど色展開がなあ……という方におすすめ◎

また、PUレザーなので経年変化がなく、薄い色もきれいなま使い続けられます。

淡いカラーが好きだけど、革製品ってすぐ色が変わってしまう……なんてお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度店頭で手に取ってみてください*

ラブリーフが付属してるよ!

マルデンを使っていたころから愛用しているラブリーフ。

名前の通り、ドットの代わりに「L」「O」「V」「E」の文字が使われためちゃくちゃ可愛いリフィルです。

瑛
スケジュール、メモなどラインナップも充実しているけれどなかなか街で見かけない(涙

ロフトや東急ハンズあたりで取り扱いが開始される日も近いんじゃないかな……と思っているのですが、とにかくなかなか出会えないラブリーフ。

瑛
……なんだけど!

GRAMASにはラブリーフのマンスリーとメモがセットされています。
まさかラブリーフを標準装備している手帳が売っていると思っていなかった……!
いつも手帳にセットされてるリフィルはお蔵入りしちゃうんですよね(ごめんなさい)

個性的だけど目立たない、控えめだけど可愛いリフィル

もうこれは語るよりも見たほうが早いレベルで素敵なリフィルです。

GRAMASの話をしているはずが思いっきりリフィルのほうに脱線しているけれど気にしたら負けです。

瑛
このリフィルは本気で推したいから書いちゃう!

ラブリーフはミニ6穴A5マイクロ5のサイズ展開に加えてルーズリーフもあります(2021年4月現在)。

ルーズリーフは穴の部分がハートなんです……可愛い……!

さすがに一般的なルーズリーフよりお高いですが、とっておきのノートにしたいリフィルです。がっつりハートではないので、バインダーに閉じたとき目立ちにくいところも◎

普段あまり可愛いものは持ち歩かない人でも、このリフィルは欲しくなる気がします……!(※瑛調べ)

Amazonにも取り扱いがあるようですが、LoveLeaf公式サイトのほうが在庫・種類ともに豊富です◎

眺めているとあれもこれも欲しくなるので危険ですよ……!

LoveLeaf公式サイト

クリップブックと相性◎(かもしれない)

実はクリップブックと組み合わせてブログノートを作ろうかなと模索中。

ラブリーフA5×クリップブックって素敵だと思うんです……!(散財の予感)

瑛
クリップブックの色はミントオーキッドあたりを考えています◎

お仕事用のノートを追加したら、また記事にしたいと思います◎

まとめ

いかがでしたか?

LOFTにて運命の出会いを果たしたGRAMASマイクロ5ですが、どうやら現在ネットでは品切れが続いている模様……。
購入をお考えの手帳ユーザーさんは、一度LOFTや東急ハンズなどの大型店舗、文具店を見に行ってみるのがおすすめです◎

しばらく使った後、使用感やセットアップを改めてご紹介できたらと思います◎

それでは!

マイクロ5手帳会議│理想の手帳を考えよう!新しい年度が始まって一週間。出会いと別れの春、みなさまいかがお過ごしでしょうか? サブ手帳探しの旅が再び始まりそうなので、...
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ABOUT ME
当ブログ「三点リーダ」にて、心に響いた本のことや教育時事、手帳(トラベラーズノート、能率手帳、ミニ6バレットジャーナル)のことについての記事をお届けしています。 ここでの出会いが、あなたの明日に笑顔を増やす一助となりますように!