読書

6月のおすすめ本と、7月に読みたい本。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

6月も終わりが近づいてきたので、今月のおすすめ本と来月読みたい本をまとめてみました。

つぎの一冊を決める参考などにどうぞ*

6月の購入本

□はまだ読めていない本。■は読了本です。

■ 池澤夏樹「スティル・ライフ」
■ 池澤夏樹「真昼のプリニウス」
□ 池澤夏樹「南の島のティオ」
■ 佐藤真由美「恋する短歌」 
■ 太宰治「桜桃」
■ 梨木香歩「春になったら苺を摘みに」
□ 仁木英之「僕僕先生」
■ 野矢茂樹「はじめて考えるときのように」
□ 森見登美彦「太陽の塔」

池澤夏樹さんと出会った月でした。大絶賛池澤夏樹ブーム継続中。

瑛
スティル・ライフ」はわたしの中に革命を起こした一冊。

6月19日桜桃忌(おうとうき:太宰治の忌日)に合わせて読んだ「桜桃」は、太宰治を再発見するきっかけになりました。

太宰治の忌日桜桃忌に寄せて|太宰治「桜桃」 今日、6月19日は『桜桃忌(おうとうき)』。太宰治の忌日のことで、夏の季語にもなっているそう。 桜桃とはサクランボのこ...

6月のベストブック

スティル・ライフ|池澤夏樹

この世界がきみのために存在すると思ってはいけない。

世界はきみを入れる容器ではない。

今月のベストブックにして、2019年度の(暫定)ベストブックでもあるこの一冊。

タイトルにもなっている「スティル・ライフ」は、染色工場で働く主人公「ぼく」が、同じ工場で知り合った不思議な男・佐々井との交流を通じて「どう生きるか」を考えるお話。

もう一つの収録小説「ヤー・チャイカ」は、第一の主人公・鷹津文彦の視点からロシア人・クーキンとの交流が描かれると同時に、ディプロドクスを飼う第二の主人公・「わたし」の視点から、彼女が人生の岐路で「どちらか一方」を選ぶまでゆるやかな共通項を通じて描かれるお話。

瑛
小川洋子さんの世界観が好きな人ならハマると思う!

小川洋子さんが主人公の身の回り、比較的プライベートな世界を描き出すとするなら、池澤夏樹さんの「スティル・ライフ」は「世界」もひっくるめて自分自身を見つめ直せるようなイメージです。

本当に、出会えてよかったの一言に尽きる一冊。
正確だけど堅苦しくなく、静かだけど退屈しない文章がくせになります

瑛
Twitterでもおすすめしまくるくらいお気に入り。ぜひ読んでみて!

一文読んだらもう虜!|池澤夏樹「スティル・ライフ」 小説の中で最も重要な部位、書き出し。 これまでも数多くの個性豊かな書き出したちに出会ってきた私ですが、今回ご紹介する小説「...
「大人になったら、もう英雄はいらない」|池澤夏樹「ヤー・チャイカ」 少し前に「スティル・ライフ」の記事を書きました。 この本にに収録されているもう一つのお話、それが「ヤー・チャイカ」...

7月に読みたい本

読みたい本を一覧にまとめてみました。

□はまだ手に入れていない本、■は積ん読状態の本です。

□ 田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」
□ 井上法子「永遠でないほうの火」
□ 佐藤亜紀「バルタザールの遍歴」
□ 西崎憲「世界の果ての庭」
■ 池澤夏樹「南の島のティオ」
■ 仁木英之「僕僕先生」
■ 野矢茂樹「はじめて考えるときのように」
■ 森見登美彦「太陽の塔」

まとめ

6月は今年のベストブック候補|池澤夏樹「スティル・ライフ」と出会えた、素敵な月となりました。

なんとなく、6月に出会う本にベストブックが多いような気がします。
(去年のベストブック・薬屋のタバサと出会ったのも6月でした)

瑛
みなさまのおすすめ本も読んでみたい*

Twitterやコメント欄にて、教えていただけましたら幸いです*
7月も素敵な一冊と出会えますように……!

それでは*


Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ABOUT ME
当ブログ「三点リーダ」にて、心に響いた本のことや教育時事、手帳(トラベラーズノート、能率手帳、ミニ6バレットジャーナル)のことについての記事をお届けしています。 ここでの出会いが、あなたの明日に笑顔を増やす一助となりますように!